今日はHP microserverのディスクに番号を振った

なぜかHP microserverのディスクにはスロット番号が記載されていない。これだとディスクが壊れた時にどの番号でfailしているかわからなくて悲しい思いをするのでディスク番号をシールで貼った。

・・・のはいいんだけど、一度抜いたディスクを差しても/deviceにエントリが作られないのでzfs replaceが効かず泣く泣く再起動。再起動後resilvringし始めるものの、CPUの能力が低すぎて、ユーザランドのサービスがまともに反応しないという落ちつき。家のPCはあらかたsambaで接続しているので軒並み接続が切れる。ちなみにNFSサービスはカーネルでやっているのか比較的接続できる(重いことには変わりない)。

家の中で結構いろいろなものをOpenIndianaのストレージに紐づけてるのでresilveringできるまでのあいだほとんど何もできないというのは辛いなあ。

(1/23追記:)上は間違いだった。変更したはずのresolv.confの設定が再起動後元に戻っていたことが原因だった。なんで戻っちゃうんだろう・・・

(1/27追記:)nwamを有効にしていたからだった・・・。でもまだdisableしてない

投稿者: mkiuchi

Computer system architect and tired to work. likes opensource. especially fedora and scientific linux. drives MCC Smart 450 fortwo. some mod for MCC Smart is also my fun. Windows at work and Linux at home. Smorker.

「今日はHP microserverのディスクに番号を振った」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。